健康

クレアチニンが基準値より高い!下げるにはどうする?

会社の健康診断や人間ドックの血液検査、尿検査でCr、CREあるいはCREAなどという項目を指摘されたことはありませんか?実はこれ、クレアチニンという物質のことです。クレアチニンとは、骨格筋(筋肉)を動かすためのクレアチンリン酸の代謝産物のことです。尿酸や尿素窒素(BUN)と同じように体外に排泄される老廃物ともいえます。

アミノ酸の種類の一つであるクレアチンは体内ではクレアチンリン酸という形で筋肉などいろいろな場所に蓄えられています。クレアチンはバリン、アルギニン、イソロイシン、アラニン、グルタミン、アスパラギン酸などのアミノ酸をもとに腎臓や肝臓で合成され、細胞の中に取り込まれた後にリン酸化されます。クレアチンリン酸(Phosphocreatine)はATP(アデノシン三リン酸)の再合成に使われ、人間の生命活動において重要な役割をしています。

腎臓のはたらき

クレアチニンは腎臓が正常に機能していればネフロンの中にある糸球体で濾過されて、尿の中に混ざって体外に排泄されますので、血中のクレアチニンが基準値を超えて高いということであれば腎臓に障害が発生している可能性があるということになります。腎臓は血中の塩分の濃度と水分の量を調節して血圧を正常に保つ働きをしているため、障害が起こると心筋梗塞や脳梗塞など様々な病気の原因となってしまいます。また、エリスロポエチンというホルモンを産生して骨髄の中の細胞を刺激し、赤血球を作るペースも調節しています。ですので、腎臓がしっかり働かないと貧血になってしまいます。さらに、イオンバランスを整えたり、ミネラルを取り込んだり、活性型ビタミンDを作ったりしています。

 

クレアチニンの基準値

クレアチニンの基準値は、男性が0.5から1.0mg/dl、女性が0.4から0.7mg/dlです。この基準値の範囲内におさまっていれば正常ということになります。以前に国が定めていた基準値は男性が1.1mg/dlまで、女性が0.8mg/dlまででしたが、2012年4月に見直しされています。

 

血清クレアチニン検査値が高い場合は、急性腎炎や慢性腎炎、腎盂腎炎、腎臓結石、腎不全などの腎臓病、さらには腎臓がんの疑いもあります。また、高血圧、肝硬変、脱水症状、尿毒症、狭心症、心筋梗塞、末端肥大症、妊娠中毒症の可能性もありますが、他にも遺伝の影響や体調による一時的な変動であることもあります。検査を受ける前に激しい運動をした場合は、筋肉が壊れてクレアチニンが増加して異常値が出てしまうことがあります。さらに、十分な水分補給がされていないと腎臓の濾過がうまく働かずに高い数値が出ることがあります。ですので、血清クレアチニンの検査を受ける前は激しいスポーツをしないようにして、脱水症状に気をつける必要があります

クレアチニンの濃度が低いと、筋ジストロフィー、尿崩症、糖尿病の初期症状、筋委縮性側索硬化症(ALS)、多発性筋炎のいずれかか考えられます。ただし、体調の変化による異常値である可能性もあるので、再検査や精密検査が行われることになります。

 

クレアチニンキナーゼ(CK)について

ちなみに、クレアチニンキナーゼ(CK)とは、体内に存在する酵素の一種で、筋肉が動くときのエネルギー代謝に作用しています。クレアチニンキナーゼは脳型と筋肉型の2種類のサブユニット(タンパク質分子)で形成されていて、組み合わせによってMM、BB、MBという3種類のアイソザイム(アミノ酸の配列が違うタンパク質分子)が存在しています。

このアイソザイムの違いは病気の診断の際に有用であり、例えば、心筋はMB型が多いのでクレアチニンキナーゼが正常値よりも高い場合は心筋梗塞の可能性があるといったように判断の指標として使えます。血液検査で指標となるのはCPK活性値です。CK-MMが高いと筋ジストロフィーや多発性筋炎、横紋筋融解症、筋委縮症などの筋肉の疾患、CK-MBが高いと心筋炎、CK-BBが高すぎると脳疾患やがん、脳外傷の疑いがあります。

CKの基準値は、男性で50から280IU/l、女性では45から180IU/lです。一般的な傾向として、女性よりも男性の方が筋肉の量が多いためCKの数値も高めに出ます。CKが上昇しているなら、脳や内臓に疾患が生じている可能性もあります。逆に低いときは運動不足のほかに、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、関節リウマチ、シェーグレン症候群などの病気が考えられます。また、入院中で寝たきりの人も低値となります。

クレアチニンクリアランスとは?

クレアチニンクリアランスとは、血清(serum)の中に含まれるクレアチニンのクリアランス(糸球体が人体に不要な老廃物を濾過して排泄する能力)を測定する検査のことです。クレアチニンクリアランス(Creatinine clearance)には、水を飲んで1時間の蓄尿で実施する短時間法と、24時間の蓄尿をして測定をする方法の2種類があります。尿のクレアチニン濃度と血清中のクレアチニン濃度を用いて数値を算出します。

計算式は、

クレアチニンクリアランス(ml/分)=尿Cr × 尿量(ml)/血清Cr/1440 × 1.73/体表面積

となります。身長や体重によって体表面積は異なりますので、素早く数値を求めたいときは、東邦大学医療センターのサイトで提供されているCCrの計算機能を利用すると便利です。計算式も記載されています。

クレアチニンを下げるにはどうする?

さて、クレアチニンを下げるにはどうすればよいのでしょうか。結論から言いますと、筋トレなどの無酸素運動をなるべくやめて、軽いジョギングなどの有酸素運動を日頃からするとよいです。筋トレはクレアチニンの数値が上がる原因になってしまいます。また、食事では塩分を控えめにして(高血圧の予防)、肉類などのタンパク質の摂取を減らすようにすることもクレアチニンを下げるのに効果的です。ほかにも、必須脂肪酸の一つであるEPAをサプリメントで摂取したり、日光浴をして体内の一酸化窒素を増やして血圧を下げたりすることも効果があることが知られています。

さらに、クレアチニンを正常値にするためのサプリとして、クレアギニンEXやきなり、ノコギリヤシEXが特に注目されています。人気トップのクレアギニンEXは腎臓の機能をサポートする栄養成分が豊富に含まれているノコギリヤシやペポカボチャのエキスを配合し、さらに漢方薬の冬虫夏草や高麗人参、しじみエキスをミックスしているサプリです。きなりはDHAとEPAを4粒あたり500mgも配合しており、健康に良い酵素として知られるナットウキナーゼ、クリルオイルも含まれています。

ゴットロン徴候とは

CKが高いうえに、手を中心に皮膚炎のような症状が出ていたら、それはゴットロン徴候かもしれません。ゴットロン徴候は皮膚筋炎で自己免疫疾患に分類される病気です。慢性の疾患であり、臓器に炎症が発生する膠原病(こうげんびょう)の一つです。発病する確率は100万人あたり10人以下となっており稀な病気です。症状は、手の指の関節に角化性(皮膚が厚くなってガサガサした感じになる)の紅斑が現れます。

さらに、物を掴むときや持ち上げるときなどに力が入りにくくなったり、痛みを感じたり、だるさを感じたりします。病状が進行すると、食べ物が喉を通りにくくなったりします。ゴットロン徴候を発症する原因はまだ解明されていません。女性の発病率は男性の約2.5倍となっていますが、男性が発病する場合は悪性腫瘍(がん)を併発しているケースが多いというデータがあります。検査では筋電図を用いて筋肉に障害がないかチェックし、さらに筋生検(筋肉の一部を切り取って検査をすること)を行います。治療の方法は、何ヶ月もかけてステロイドを投与し、筋力を回復させます。

-健康

関連記事

心筋梗塞の前兆をチェックしよう!左肩の痛みは放散痛?

日本人が罹患して死亡してしまう可能性が高い病気を三大疾病といいますが、その中に心筋梗塞も入っています。三大疾病とは、がん(悪性腫瘍)、急性心筋梗塞、脳卒中のことで、日本人の死因のなんと55%も占めてい …

スキルス胃がんの初期症状と余命!バリウム検査の費用は?

胃がんの患者の約10%を占めるスキルス胃がんとは、未分化型または低分化型胃癌の一種で、瀰漫性(びまんせい)を持ち浸潤するタイプのがんのことです。ここでいうびまん性とは、病変がまとまりをもたずに、広範囲 …

肺がんの初期症状は咳とばち指!転移がある末期の余命と生存率

日本人の死亡原因の1位は悪性新生物、つまり癌ですが、その中でもぶっちぎりで1位なのが肺がんなのはご存知でしたか?大腸がんとともに年々死亡者の数が増加しており、今後もこの傾向が続くと分析されています。2 …

白血病の初期症状は写真のようなあざです!生存率と原因は?

血液のがんともいわれる白血病の初期症状は写真のようなあざですが、青あざが突然出現したり鮮やかな画像のような赤色のあざが複数現れたり人によってその症状は様々です。ですが、なかなか治らないこと、数が増える …

蓄膿症の治し方はツボと鼻うがいがいい?手術は日帰り!

風邪がなかなか治らないと鼻水の色が黄色や緑色になって、鼻から息ができなくなりませんか?それって、もしかしたら蓄膿症の症状かもしれませんよ。ほかにも、口呼吸が増える、頭痛がする、集中力が途切れやすくなる …